流れを知る

不動産の売却に際しては、理想の売却が実現するまでに、さまざまなステップを踏んで行くことになります。 また、それぞれのステップに対して、重要なポイントがありますので、分からないことや不安なことは、不動産会社への相談の際に、しっかりと確認するようにしてください。

では、具体的に、不動産の売却に伴って、どのようなステップがあるのでしょうか?

ここでは、その流れを簡単にご説明します。

まずは、不動産の相場を知ることで、売却価格の目安を立てることができます。

売却価格の目安を知った後には、実際に不動産会社の選定へと進みます。

安心して相談ができる不動産会社が見つかると、次は、物件価格の査定を依頼することになります。

また、その不動産会社に正式に依頼をする場合には、不動産会社に仲介を依頼することになりますので、その時点で、媒介契約を結ぶことになります。

媒介契約を結んだ後は、実際に売却を希望している不動産を売り出すことになります。

そして、実際に購入希望者である買主との交渉がスタートします。

売買契約を結ぶ前には、物件情報をできるだけ正確に開示することになります。 購入希望者へ提供することで、買主も安心して物件の購入を決めることができます。

売買条件の合意が達成すると、実際に売買契約を結ぶことになります。

そして、売買契約の締結が完了した後、不動産の引き渡しを行います。